関西六大学リーグ 大商大が3季連続優勝、大経大に逆転勝ちで決めた

[ 2020年10月19日 15:50 ]

関西六大学野球秋季リーグ戦   大商大4―1大経大 ( 2020年10月19日    皇子山 )

リーグ優勝を果たした大商大の選手ら
Photo By スポニチ

 大商大が大経大に勝って8勝2敗の勝率・800で3季連続20度目(旧リーグ含む)の優勝を決めた。今秋リーグ戦は2回戦総当たりの10試合、勝率制で実施され、すでに全日程を終えていた京産大の同・700(7勝3敗)を上回った。

 大商大は1点を追う5回1死二塁から1番・湯口郁実外野手(4年)の右翼への適時三塁打で同点。6回は敵失と四球で2死一、二塁とし8番・家田陸翔内野手(2年)の左前に落ちる適時打と代打・大谷駿斗外野手(3年)の中前適時打で2点を勝ち越した。9回にも1点を加えた。

 投手陣は3投手の継投で最少失点に抑えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年10月19日のニュース