ドジャース 逆転勝利で2年ぶりワールドS進出!ベリンジャー勝ち越し弾、崖っぷちから3連勝

[ 2020年10月19日 12:53 ]

ナ・リーグ優勝決定シリーズ第7戦   ドジャース4―3ブレーブス ( 2020年10月18日    アーリントン )

7回にソロ本塁打を放ったドジャースのべリンジャーと迎え入れるヘルナンデス(AP)
Photo By AP

 大リーグのナ・リーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)、ドジャース―ブレーブス第7戦が18日(日本時間19日)、テキサス州アーリントンで行われ、ドジャースが4―3で逆転勝ち。2年ぶり24回目のリーグ優勝を果たし、ワールドシリーズ(WS)進出を決めた。MVPは、リーグ優勝決定S最多となる5本塁打をマークしたコーリー・シーガー内野手(26)が獲得。ドジャースは21日にアーリントンで開幕するWSで、32年ぶりの“世界一”へ向け、レイズと対戦する。

 ド軍は2点を追う3回2死二、三塁からスミスの中前2点適時打で同点。1点ビハインドの6回無死から代打ヘルナンデスの左中間へのソロアーチで追いつき、7回2死からベリンジャーの右越えソロで勝ち越した。投げたは5人の継投でブ軍打線を3点に抑えた。

 ブ軍は2点差を追いつかれた直後の4回無死一、二塁からライリーの中前適時打で勝ち越したが、4番手左腕ミンター、5番手右腕マーティンが手痛い一発を浴びて逆転負けを喫した。

 <ワールドシリーズ日程>

 ▼第1戦=20日
 ▼第2戦=21日
 ▼第3戦=23日
 ▼第4戦=24日
 ▼第5戦=25日
 ▼第6戦=27日
 ▼第7戦=28日

 *日付は米国時間。場所はすべてテキサス州アーリントンのグローブライフ・フィールド

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月19日のニュース