聖地スタンドはガラガラ…雨天により延期の阪神―ヤクルト

[ 2020年10月19日 20:08 ]

セ・リーグ   阪神―ヤクルト ( 2020年10月19日    甲子園 )

<神・ヤ>閑散とした甲子園で力投するガンケル(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 17日の試合が雨天で中止となり、この日に振り替えで行われた阪神―ヤクルトの一戦。週明け平日の開催ということもあってか、甲子園のスタンドは空席が目立つ形となった。

 公式アナウンスでは、この日の観衆は3593人。甲子園に観客を動員し始めた7月11日以降では、最も少ない入場者数。実数発表が開始された05年以降、19年までの甲子園観衆最少は18年6月19日ロッテ戦の2万4127人だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月19日のニュース