巨人・吉川尚 初の先頭打者弾「結果を恐れずに、思い切って振っていきました」

[ 2020年10月19日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人6―10DeNA ( 2020年10月18日    横浜 )

初回、吉川尚は先制ソロホームランを放ち、坂本の出迎えを受ける (撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人の1番・吉川尚が自身初の初回先頭打者本塁打を放った。

 上茶谷の初球を振り抜いて、右翼席へ運ぶ8号ソロ。巨人からの攻撃だったため、16年の長野(現広島)以来となる「プレーボール弾」で「結果を恐れずに、思い切って振っていきました。最高の結果になって良かった」。5回にも左前適時打を放って、計2打点を挙げた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年10月19日のニュース