ドジャース・ベッツ 2試合連続スーパーキャッチ!4年連続ゴールドグラブ賞の実力発揮

[ 2020年10月19日 12:01 ]

ナ・リーグ優勝決定シリーズ第7戦   ドジャース―ブレーブス ( 2020年10月18日    アーリントン )

<ドジャース・ブレーブス>5回1死からの守備で、ブレーブス・フリーマンのあわや右越え本塁打という大飛球をジャンピングキャッチするドジャース・ベッツ(AP)
Photo By AP

 ドジャースのムーキー・ベッツ外野手(27)が18日(日本時間19日)、テキサス州アーリントンで行われたナ・リーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)第7戦ブレーブス戦で、前日17日(同18日)の第6戦に続いて2試合連続のスーパーキャッチを披露した。

 5回1死からの守備で、ブ軍・フリーマンのあわや右越え本塁打という大飛球をフェンス際でジャンプしてキャッチ。96年から4年連続でゴールドグラブ賞に輝いている守備力を発揮した。

 ベッツは第6戦でも、5回2死一塁の守りでオズーナの本塁打性の飛球をフェンス際でジャンピングキャッチしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月19日のニュース