楽天・釜田 岩隈引退に「気にかけていただきありがとうございました」、入れ替わりで背番号「21」継承

[ 2020年10月19日 21:48 ]

2011年12月の楽天入団発表で背番号「21」のユニホームを着たガッツポーズする釜田
Photo By スポニチ

 楽天・釜田佳直投手が19日、自身のツイッターを更新。今季限りでの現役引退を発表した、楽天の先輩である巨人・岩隈への思いをつづった。

 釜田は11年ドラフト2位で楽天に入団。同年限りで楽天を退団してマリナーズに移籍した岩隈から、背番号「21」を引き継いだ。

 ツイッターで釜田は「21番を引き継ぐ形になって中々思うようにいかないことばっかりで申し訳ない気持ちです」。大きな期待を背負いながら右肩、肘の手術など故障に泣き、今季も1軍登板は4試合のみに終わっている。

 続けて「球場で会った時には体のことなど色々気にかけていただき、本当にありがとうございました」と、岩隈への感謝の思いをつづった釜田。最後に「残り少ないシーズンになりましたが最後まで頑張りたいと思います。岩隈さんお疲れ様でした」と書き込んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月19日のニュース