DeNA・大貫 20日、中日戦で初の2桁勝利目指す ナゴヤDは今季2戦2勝も大島警戒

[ 2020年10月19日 16:39 ]

<DeNA練習>キャッチボールする大貫(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAの大貫晋一投手が20日の中日戦(ナゴヤドーム)でプロ2年目初の2桁勝利を目指す。

 2桁に「少しは意識します」と本音を口にした右腕は「1試合1試合できることをしっかりやって、一つでも勝てるように。しっかり腕を振ってチームのために投げたい」と意気込みを口にした。

 今季中日とは5度対戦して3勝1敗、防御率1・57、ナゴヤドームでは2戦2勝、防御率1・29の好相性を誇る。しかし大島には16打数7安打と打ち込まれているだけに「大島さんとの相性があまりよくない。先頭打者ですし、立ち上がりから抑えられるように注意したい」と相手の1番打者であるヒットメーカーを警戒した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月19日のニュース