阪神ドラ1・西純 自己最長6回2/3を1失点 井上に負けじ1軍昇格アピール

[ 2020年10月19日 05:30 ]

ウエスタン・リーグ   阪神8-1広島 ( 2020年10月18日    鳴尾浜 )

ウエスタン・リーグ 阪神対広島 先発し力投する阪神西純矢=鳴尾浜球場
Photo By 代表撮影

 ウエスタン・リーグの広島戦(鳴尾浜)に先発したドラフト1位・西純が、自己最長の6回2/3を5安打1失点と好投。今季中の1軍昇格へアピールした。

 「あんまり調子が良くなかった。いつもみたいに力でいく投球でいけてなかったので、緩急を使って抑えていこうと思いました」

 言葉どおりこの日の最速は147キロ止まり。それでも威力は十分で、スライダーやフォークなど、変化球のキレも抜群だった。わずか2四死球と制球も安定。失点を6回1死で林に浴びた左中間への一発だけにとどめた。

 プロで初めて上がった7回は無死一塁から併殺打で2死。だが中神に四球で再び走者を背負い、球数が102球に達したこともあって降板となった。「やっぱり投げたイニングは投げきるというのをやりたい。そこは反省点」と前回11日のソフトバンク戦と同じくイニング途中での降板に悔しさをにじませた。それでも平田2軍監督は「登板を重ねるごとに落ち着いてきている」と高評価。井上に続く高卒1年目でのデビューへ、アピールを積み重ねていく。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年10月19日のニュース