ドジャース・ウリアス 3回パーフェクト投球で勝利に貢献!最後はマウンドで雄叫び

[ 2020年10月19日 13:33 ]

ナ・リーグ優勝決定シリーズ第7戦   ドジャース4―3ブレーブス ( 2020年10月18日    アーリントン )

<ドジャース・ブレーブス>3回をパーフェクトに抑え、チームを勝利に導いたドジャース5番手の左腕ウリアスは試合終了の瞬間、雄叫びを上げる(AP)
Photo By AP

 大リーグのナ・リーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)、ドジャース―ブレーブス第7戦が18日(日本時間19日)、アーリントンで行われ、ドジャースが4―3で競り勝ち、2年ぶり24回目のリーグ優勝を果たした。

 メジャー5年目の左腕フリオ・ウリアス投手(24)は5番手として7回から登板。力のある直球を武器に7、8、9回とも打者3人で片付けるパーフェクト・リリーフ。チームを勝利に導き、マウンドで雄叫びを上げた。

 ドジャースは20日(同21日)に開幕するワールドシリーズでア・リーグの覇者、レイズと対戦する。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月19日のニュース