ロッテ「マリーンズ・ジュニア2020」16人発表

[ 2020年10月19日 14:59 ]

 ロッテは19日、「マリーンズ・ジュニア2020」のメンバーが決定したことを発表した。

 マリーンズ・ジュニア2020のメンバーは動画応募型の1次選考、8月11日・12日の2次選考会、8月14日の最終選考会を経て16人が選抜された。

 メンバーは次の通り。石川和樹(旗の台クラブ)、石田翔大(七次台ジャガーズ)、大村魁星(倉田スターズ)、金子來斗(八千代東南クラブ)、我部山蓮(磯辺シャークス)、黒田龍之介(ジュニアコスモス)、篠原颯(FTJ)、関瑛太(大森フライヤーズ)、田村小春(田喜野井ファイターズ)、西野太惺(並木ペイシェンス)、廣島空之介(藤上ディアーズ)、藤川倖生(豊上ジュニアーズ)、藤崎桧(中川エンジョイベースボールクラブ)、藤崎柊(中川エンジョイベースボールクラブ)、山田栞夢(高郷スターズ)、山邊颯(中部ユニオンズ)。

 全員6年生。マリーンズ・ジュニア2020は12月29日~31日に明治神宮野球場と横浜スタジアムで開催されるNPB12球団ジュニアトーナメント2020に参加する。

 なお、マリーンズ・ジュニア2020の監督は塀内久雄(現マリーンズ・ベースボールアカデミーテクニカルコーチ)が、コーチは栗田雄介(同テクニカルコーチ)・田中雅彦(同テクニカルコーチ)が務める。塀内監督は「今年のチームは身体能力が高い選手が多く、選手全員がすべてのポジションを守れるような守備力が魅力のチームです。大会までに打撃面を強化しチーム一丸となって2010年以来の優勝目指して頑張ります。応援よろしくお願いいたします」とコメントした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月19日のニュース