龍谷大平安 エース石田が1失点完投 1週間前に胸に打球直撃のアクシデント乗り越えた

[ 2020年10月19日 05:30 ]

秋季高校野球近畿大会1回戦   龍谷大平安4-1山田 ( 2020年10月18日    わかさスタジアム京都 )

<龍谷大平安・山田>先発した龍谷大平安・石田は7回1失点(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 龍谷大平安は、少ない好機で確実に加点し、4安打で4得点を挙げ京都1位の貫禄を見せつけた。長打は0本も5盗塁と4犠打(1犠飛)で足と小技を絡め、7回には無安打で本塁を陥れた。

 エース右腕の石田琉稀(2年)は3、9回以外は毎回走者を出したが要所を締め1失点完投。原田英彦監督も「先週のオープン戦で胸に打球が直撃し心配したが、よく投げてくれた」と称えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年10月19日のニュース