ソフトB・周東 帰宅後の新妻の第一声は2種類

[ 2020年10月19日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク11―4楽天 ( 2020年10月18日    ペイペイD )

笑顔でポーズする周東(左)と明石(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 【記者フリートーク ソフトバンク担当・井上満夫】周東が愛の巣に戻った時に聞く「第一声」は、2種類ある。「今日は良かったねー」「今日、だめだったねー」と姉さん女房に声を掛けられる。

 6月20日、広島県出身で6歳上の一般女性と結婚。新婚生活の真っただ中だ。「2パターンのみですが、大きなミスをして帰ってきた時は、さすがに気を使ってくれる。以前は(試合を)ちょいちょい見ていたみたいですが、今は必ず見てくれています」と白い歯を見せ、はにかんだ。

 育成選手時代から支えてくれた、料理上手で笑顔がすてきな女性だという。大活躍の後の帰宅。第一声は、想像がつく。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年10月19日のニュース