阪神・ボーアがまさか!?のセーフティーバント敢行 シフト穴つくもファウル

[ 2020年10月19日 18:41 ]

セ・リーグ   阪神―ヤクルト ( 2020年10月19日    甲子園 )

<神・ヤ>2回無死、セーフティーバントを試みるボーア(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 阪神のジャスティン・ボーア内野手(32)がまさか!?のセーフティーバントを仕掛けた。

 2回先頭で打席に立つと、ヤクルト内野陣は“ボーアシフト”を敷いて三塁前はがら空きに。前日18日には17号ホームランを放っているB砲は、1ストライクから誰も予想していなかったセーフティーバントを繰り出した。だが三塁線に転がった打球は、惜しくもファウル。甲子園の虎党からはどよめきが起こった。

 結局ボーアは直後の3球目を中前打として出塁。だが後続がたおれて得点とはならなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月19日のニュース