レイズ ワールドシリーズ進出決定から一夜、宿舎で英気 筒香メンバー入りへ

[ 2020年10月19日 22:41 ]

レイズ・筒香
Photo By AP

 レイズは18日(日本時間19日)、08年以来12年ぶり2度目のワールドシリーズ(WS)進出決定から一夜明け、サンディエゴ近郊の宿舎でオフを過ごした。エリク・ニアンダーGMは「今日は疲れを取る日。13日間で12試合も戦ったから」と説明した。

 休養日なしの7連戦だったリーグ優勝決定シリーズは投手を1人多くメンバー入りさせたが、20日(日本時間21日)にアーリントンのグローブライフ・フィールドで開幕するWSは例年通り休養日が2日間のため、投手と野手は14人ずつの計28人となる見込みだ。

 同GMは「より慣れた形に戻ることになる」と説明。同シリーズで出場2試合にとどまった筒香も、これまで通りメンバー入りするとみられる。(アーリントン・奥田秀樹通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月19日のニュース