DeNA・梶谷 逆転満塁弾! 国内FA注目株 ラミレス監督「今、日本で一番の1番打者」

[ 2020年10月19日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA10―6巨人 ( 2020年10月18日    横浜 )

7回無死満塁、高梨(左)から逆転満塁弾を放つ梶谷(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 大興奮。笑いを誘う一幕もあった。7回に飛び出したDeNA・梶谷の逆転満塁弾。打球が右中間席に突き刺さると同時に、ヒーローは慌てて5歩戻り一塁ベースを踏んだ。

 「ベースを踏み忘れたので焦りましたけど、凄く気持ちよかったです。(一塁コーチャーの)永池コーチとハイタッチしようと思ったら思った以上に遠くてベースを過ぎていて…」。2点を返し、3点差としてなおも無死満塁。16試合連続無失点だった左横手投げの高梨とは初対戦だった。「(打席に)立ったことがある人に聞いて、それを基に自分がどう攻められるか考えた」とイメージを膨らませ、内角の直球を打ち砕いた。8回にも右の桜井から2打席連発となるダメ押しの19号2ランを放ち、自己最多の6打点を稼いだ。

 9月には球団記録の月間42安打を放ち、打率は同僚の佐野、大島(中)に次ぐリーグ3位の・318。プロ14年目で初の3割が近づいてきた。8月に国内FA権の資格取得条件を満たして去就も注目される中、不振にあえいだ過去2年から完全復活を遂げている。まばゆい輝きを放つリードオフマンに、ラミレス監督も「今、日本で一番の1番打者だと思います」と最大級の賛辞を贈った。

 独走する首位・巨人に意地を見せる2試合連続の逆転勝ちで、9月30日以来の勝率5割に復帰した。通算4本目の満塁本塁打で本拠・橫浜スタジアムを沸かせた梶谷は「毎日全力を尽くすだけ。また、(次戦の)20日から全力で頑張る」と言葉に力を込めた。(町田 利衣)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年10月19日のニュース