オリックス・山崎福、3年ぶりの先発勝利!「自分らしいテンポで投げられました」

[ 2020年7月16日 22:20 ]

パ・リーグ   オリックス4―3ソフトバンク ( 2020年7月16日    京セラD )

今季初勝利のウイニングボールを持った山崎福(左)とポーズをとるプロ初安打を本塁打で飾った太田(撮影・成瀬 徹)  
Photo By スポニチ

 オリックスは1点リードされた3回に打線が繋がり一挙4点を奪って逆転し、連敗を2で止めた。先発の山崎福が5回81球を投げて、5安打2失点で今季初勝利をマークした。

 2017年以来3年ぶりの先発勝利となった山崎福は「素直に嬉しいです」と嬉しそうな表情で話した。

 自身の投球については「自分らしいテンポで投げられました。欲を言えばあと1イニング、2イニング投げたかったです。そこが反省点です」と語り、5回1死満塁のピンチの場面についても「低めのコントロールを重視していつも練習しているので、それがあのピンチの場面で出せて良かったと思います」と振り返った。

 最後に「久しぶりにファンの皆さんの前で投げられて嬉しかったです。今日みたいな投球が今後も続けられるように頑張ります」とファンへメッセージを送った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月16日のニュース