DeNA“オセロ呪縛”逃れるも2連敗…3併殺打など好機生かせず無得点 中川が1回1失点で今季初黒星

[ 2020年7月16日 21:08 ]

セ・リーグ   DeNA0―8中日 ( 2020年7月16日    ナゴヤD )

<中・D>初回に1失点だった中川を早くも交代させるラミレス監督(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 DeNAは中日に0―8で敗れ2連敗。前日にプロ野球初の珍記録を更新した16試合連続の○●○…の「オセロの呪縛」からは逃れたものの、貯金は「1」に減った。先発の中川が1回1安打1失点ながら今季初黒星。打線は8安打するも無得点。3つの併殺打に倒れるなど好機を生かせず終わった。

 今季2度目の先発となった中川は初回、2死から福田とビシエドに連続四球。2死一、二塁としてしまうと阿部に右前適時打を浴び1失点。2回からは2番手の平田にマウンドを譲った。

 2番手の平田は2、3回と三者凡退に抑えるも4回に失点。先頭のビシエドを四球で出塁させると二盗を許し、無死二塁とされ阿部に右線適時二塁打を打たれ1失点。3回1安打1失点で降板となった。

 打線は3回1死満塁のチャンスでソトが三ゴロ併殺打に倒れ無得点。4回には伊藤光が自打球を左膝に当てて途中交代となるアクシデントも発生。5回以降は2安打のみと中日救援陣の前に沈黙。開幕カードの広島戦以来となる連敗を喫した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月16日のニュース