ロッテ5回2死走者なしから逆転!マーティン同点、菅野は3番起用に応えた勝ち越し打

[ 2020年7月16日 20:33 ]

パ・リーグ   日本ハム―ロッテ ( 2020年7月16日    札幌ドーム )

<日・ロ>5回2死一、三塁、勝ち越しの適時打を放つ菅野(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 ロッテが2点ビハインドの5回、2死走者なしから一気に3点を奪って、逆転に成功した。藤岡、柿沼の連打、さらに荻野が四球を選んで満塁とし、マーティンが右前へ同点の2点適時打。「打ったのはチェンジアップ。まずは同点にできて良かった。いいヒットを打つことができた」と助っ人が勝負強さを見せつけた。

 さらに菅野も左前適時打で続いた。「打ったのはスライダー。マーティンがヒットでつないでくれたので一気にいきたいと思っていました。ランナーを還すことができて良かった」。3番に起用する井口監督の期待に応えた形だ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月16日のニュース