楽天・浅村 12球団最速10号!「早くファンの皆さんの前で…」と心待ちの本拠で球団初快挙

[ 2020年7月16日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天11―0西武 ( 2020年7月15日    楽天生命パーク )

<楽・西>7回無死、ソロ本塁打を放つ楽天・浅村 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 5―0で迎えた7回先頭で楽天4番の浅村が、浜屋の141キロ直球を逆方向の右翼席に豪快に運ぶソロ。この回大量6得点の猛攻につなげた。

 球団史上初となる両リーグ10号一番乗りの一発に「打ててよかったです」と笑みがこぼれた。「声援が力になる。早くファンの皆さんの前でプレーがしたい」と心待ちにしていた本拠地での有観客初戦で活躍。得点圏打率.476の勝負強さで、10本塁打、29打点とパ2冠を快走している。

 ○…浅村(楽)が自身初となる両リーグ最速の10号本塁打。楽天では球団創設以来初めてとなった。過去2年は山川(西)がマークし、2年連続で本塁打王に輝いている。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月16日のニュース