広島 K・ジョンソン またも白星逃す 得意の本拠地・巨人戦でも勝てず

[ 2020年7月16日 05:30 ]

セ・リーグ   広島1-12巨人 ( 2020年7月15日    マツダ )

<広・巨(5)>5回1死一塁、ウィーラーに2ランを浴びたジョンソン(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 広島先発のK・ジョンソンがまたも白星をつかめなかった。戸郷も含め右打者を8人並べた巨人打線に1、3回と失点を重ね、5回にはウィーラーに1号2ランを献上。5回5失点で3敗目を喫した。

 開幕から4試合での未勝利は来日6年目で初。ここまでマツダスタジアムでの巨人戦は通算7試合で3勝0敗、防御率1・32と無類の強さを誇ったが、ついに土が付き「次に向けて頑張ります」と言うのが精一杯だった。

 佐々岡監督は「四球が全て点に絡んだ。リズムが生まれない」と投手陣全体の不振に嘆くばかり。今季本拠地では1勝5敗と波に乗れない現実がある。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月16日のニュース