雄星「力み」反省 4カ月ぶりの実戦で2回途中4失点「修正できる範囲内」

[ 2020年7月16日 02:30 ]

紅白戦に登板した菊池(AP)
Photo By AP

 マリナーズ・菊池が紅白戦に登板し、2回1/3を投げて4失点。約4カ月ぶりの実戦で4四球、1本塁打と乱れ「ブルペンではずっと良かったけど、試合とブルペンは全く違うものだなと感じた。バランス、力み、タイミングの部分でミスがあった」と反省した。

 最速は95マイル(約153キロ)を記録。20日(日本時間21日)の次回登板へ向けて「この1週間で修正できる範囲内。少しのところで(結果は)大きく変化すると思っている」と話した。 (シアトル)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月16日のニュース