オリックス・太田、プロ初安打がプロ初本塁打!「とにかくめちゃくちゃうれしい」

[ 2020年7月16日 19:29 ]

パ・リーグ   オリックス―ソフトバンク ( 2020年7月16日    京セラD )

3回、1死、太田が中越えに本塁打を放つ(撮影・成瀬 徹)  
Photo By スポニチ

 オリックスの太田椋内野手(19)が、16日のソフトバンク戦でプロ初安打となるプロ初本塁打を放った。

 プロ2年目の太田は、16日に今季初の1軍昇格で「9番・三塁手」で今季初スタメン出場。0―1と1点リードされた3回1死走者なしで迎えた今季初打席となる第1打席。ソフトバンク先発のバンデンハークが投じた5球目をバックスクリーンへ打球を運んだ。

 ▼オリックス・太田 いい当たりでしたが、センターを越えるくらいかなと思っていたので、必死で走っていました。まだ、全然実感がわかないですけど、とにかくめちゃくちゃうれしいです。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月16日のニュース