ソフトB・甲斐 打球右手直撃に苦悶の表情…応急処置受け守備に戻るも

[ 2020年7月16日 19:15 ]

パ・リーグ   ソフトバンク―オリックス ( 2020年7月16日    京セラドーム )

 ソフトバンクの甲斐が3回守備で、オリックス・ジョーンズのファウルボールを右手に当てるアクシデントがあった。

 2ボール2ストライクからバンデンハークのカーブをジョーンズが強振。コースが変わって甲斐の右手を直撃した。

 当たった直後は甲斐の表情も苦痛に歪んだが、ベンチで応急処置を受けるとスタンドの拍手の中、守備に戻った。

 ところがフルカウントになり、7球目のカーブでジョーンズに球場5階席まで飛ぶ特大4号2ランを浴びてしまった。

 バンデンハークは来日最短となる3回途中4失点で降板した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月16日のニュース