ロッテ・岩下 5回2失点で先発の役目 初回失点も「そこから粘っていけたのは良かった」

[ 2020年7月16日 20:55 ]

パ・リーグ   日本ハム―ロッテ ( 2020年7月16日    札幌ドーム )

<日・ロ>ロッテの先発投手・岩下(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 ロッテの先発・岩下が5回7安打2失点と粘った。初回にいきなり2点を失ったが、3回と4回は走者を背負いながらも併殺でしのぎ、5回2死満塁のピンチもビヤヌエバを空振り三振に斬った。

 「初回に限ってはマウンドの状況や試合の入りは決していいとは言えない内容でした。その中でフォークボールを振ってくれず、苦しい投球が続きましたがそこから粘っていけたのは良かったかなと思います」

 開幕からローテーション入りした岩下は、ここまで2試合に登板し2勝を挙げるなど好調で、3度目の先発マウンドでも最低限の役割をしっかりと果たした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月16日のニュース