県岐阜商、初戦は23日に 夏の県大会日程変更 教員がコロナ感染

[ 2020年7月16日 10:53 ]

 岐阜県高野連は16日、県岐阜商教員の新型コロナウイルス感染が判明したことを受け「2020 夏季岐阜県高等学校野球大会」に参加する同校の日程を変更することを発表した。当初は今月19日の大野レインボースタジアムでの第3試合が予定されていたが、同23日の第1試合に変更する。

 同校は16日から17日まで校舎内の消毒作業のために休校となり、感染者の授業担当クラスのPCR検査が行われる。対象者は約200名で、その中に硬式野球部員は含まれていない。結果次第で20日から通常授業に戻る予定。大会参加については問題のない見込みだが、検査結果が出るまでは部活動は禁止となっている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月16日のニュース