楽天・浅村 両リーグ10号一番乗り!球団として初 先発・涌井の開幕4連勝へ援護

[ 2020年7月15日 21:10 ]

パ・リーグ   楽天―西武 ( 2020年7月15日    楽天生命パーク )

<楽・西>7回無死、ソロ本塁打を放ちエアタッチをかわす楽天・浅村(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 楽天の浅村が5―0とリードした7回、両リーグ10号一番乗りとなる一発。西武3番手・浜屋の4球目を見事に捉え右翼スタンドまで運んだ。

 浅村はこの日、3打席とも四球を選んで出塁。7回は先頭で打席に立つと浜屋のストレートを捉え右方向へ。雨天の夜空へ飛び上がった白球はそのまま右翼スタンドに飛び込んだ。両リーグ10号一番乗りとなったのは球団として初。浅村がチームの歴史に新たに名を刻んだ。

 チームは浅村の一発が口火となってこの回一挙6得点。先発・涌井の開幕4連勝へ11―0と大きくリードを広げた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月15日のニュース