阪神・サンズ 夫人と子供2人の前で美技&来日初の猛打賞「家族の前でいいプレーできた」

[ 2020年7月15日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神6-3ヤクルト ( 2020年7月14日    甲子園 )

<神・ヤ(4)>7回2死一塁、サンズは右前二塁打を放つ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 サンズが走攻守で魅了した。まずは4回2死の守備。雄平が放った大飛球は浜風に流されて左翼後方へ。長打は確実と思われたが、フェンス手前でジャンピングキャッチ。流れを呼び込む好守が、直後の逆転劇を生んだ。

 「時間をかけて練習してきた。ファンの声援を力になるし、本当にありがたいね」

 打撃では運も味方につけた。来日初のマルチ安打を達成して迎えた、7回2死一塁の第4打席。外角のカットボールを打ち損じた飛球は二塁後方へ。ここでも風がイタズラした。落下速度が変化した打球は、右翼手の雄平が差し出したグラブの前にポトリ。幸運な二塁打で来日初の猛打賞を決めただけでなく、全4打席で出塁した。

 走塁では四球で出塁した4回に魅せた。1死二、三塁で木浪が放った浅い右飛で本塁に突入。激走の末に足から滑り込み貴重な得点を挙げた。「今日は奥さんと子供2人が来てくれた。前のDeNA戦で三振した時、息子に“もう三振しないでよ”と言われたので、家族の前でいいプレーができて良かった」。試合後は誇らしげなパパの笑顔が光っていた。(山本 浩之)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月15日のニュース