阪神 1日で最下位に逆戻り ボーア5カード連続弾も及ばず…

[ 2020年7月15日 22:28 ]

セ・リーグ   阪神5―9ヤクルト ( 2020年7月15日    甲子園 )

<神・ヤ>6回2死二塁、エスコバーに2点本塁打を浴びるガルシア(撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 阪神は接戦を落とし連勝は2でストップ。6位・中日が勝利したため、1日で最下位に逆戻りとなった。

 1―4の6回に梅野の適時打と近本の押し出し四球、糸原の犠飛で同点に追いついたものの、7回に2番手・伊藤和が1死満塁のピンチを招き、バトンを受けた能見が4番・村上に決勝の2点適時中前打を許した。直後にボーアが5カード連続となる5号ソロ本塁打を右中間に放ち1点差に迫ったものの、9回に今季登板5試合連続無失点だった馬場が4安打を集められて3失点し突き放された。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月15日のニュース