中日ドラ1・石川昂 2三振で途中交代 ともに走者置いて快音出ず

[ 2020年7月15日 20:12 ]

セ・リーグ   中日―DeNA ( 2020年7月15日    ナゴヤD )

 中日のドラフト1位・石川昂は「8番・三塁」で3試合続けて先発出場も2三振に倒れ、途中交代となった。

 2回2死一、二塁の好機でまわってきた第1打席は浜口の低めチェンジアップに空振り三振。4回1死一塁も同じ球にバットを振らされ2打席続けて三振を喫した。

 1点リードの6回1死一、二塁のチャンスでは、与田監督から「代打・阿部」が告げられ、この日は2打数無安打でベンチに下がった。

 3打数無安打だった前日14日の試合後に「練習でバットを振ります」と悔しさをにじませたルーキーは、この日も悔しい結果となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月15日のニュース