ロッテ・小島 勝利投手の権利目前で降板、5回に満塁ピンチ招く「最低でも投げきらないと」

[ 2020年7月15日 21:03 ]

パ・リーグ   ロッテ―日本ハム ( 2020年7月15日    札幌D )

<日・ロ>力投するロッテの先発投手・小島(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 ロッテの小島が勝ち投手の権利を目前としながらも2点リードの5回2死満塁で降板した。2番手・田中が渡辺を空振り三振を仕留めて、2年目左腕は4回2/3を6安打2失点という結果だったが「最低でも投げきらないといけないイニングでした。あそこで踏ん張れなかったのが悔しいです」と反省した。

 ロッテは早めに継投策に打って出たが、6回に3番手のチェンがビヤヌエバに左越えソロ、さらに西川の中前適時打を浴びて同点に追いつかれた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月15日のニュース