鹿児島城西「Wエース」のリレーで初戦突破 元ダイエーの指揮官「心配していない」

[ 2020年7月15日 05:30 ]

鹿児島代替大会南薩地区予選2回戦   鹿児島城西5―1加世田 ( 2020年7月14日    伊集院 )

先発した鹿児島城西の前野
Photo By スポニチ

 雨による中断時間を含め5時間25分の長い試合を制した。鹿児島城西は「Wエース」のリレーで初戦を突破した。

 先発に指名されたのは背番号10の前野。最速143キロをマークしたことがある直球とスライダーを武器に、8回を3安打1失点に抑えた。8回の守備中に雨脚が強くなり3時間17分中断。「いつ肩をつくればいいのか、判断が難しかった」と初の経験に戸惑ったが中断後も続投。5三振を奪うも3四死球の投球内容に「下位打線に無駄な四球を出して自分でピンチを広げた」と反省を口にした。9回を抑えた背番号1の八方は、MAX146キロの直球と多彩な変化球を操り、強気な投球が持ち味だ。9回を打者3人で片づけてエースの貫禄を示した。

 打線は9安打放つも5得点に終わり、両3年生右腕も調子を上げるのはこれからだ。プロ野球のダイエーなどで活躍した佐々木誠監督は「大会になると1試合ごとに強くなるので心配していない」と前向きに話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月15日のニュース