【ファーム情報】ヤクルト逆転サヨナラ 育成・内山が決めた、ソフトB・大竹が3勝目

[ 2020年7月15日 18:03 ]

 プロ野球のファームは15日、イースタン・リーグのロッテ―DeNA戦(ロッテ浦和)が4―4の3回表無死で降雨ノーゲーム。ロッテの加藤、山口、吉田が本塁打を放ったが記録には残らなかった。試合はウエスタン・リーグと合わせて計4試合が行われた。

 ヤクルトは日本ハム戦(戸田)の延長10回、9―8で逆転サヨナラ勝ち。延長10回2死満塁で途中出場で育成選手の内山が右越えに逆転サヨナラの2点二塁打を放った。同じく育成の松本友が3安打。浜田が初回に2号3ラン。先発のドラフト4位・大西(大商大)は2回2安打2失点。日本ハムは海老原が2回に4号2ラン、9回に5号ソロ。育成選手の樋口が5回に3号ソロ、万波が9回に2号ソロ。先発・生田目は4回8安打6失点で、2/3回を1安打2失点の5番手・斎藤が2敗目を喫した。

 西武―巨人戦(カーミニークフィールド)は延長10回、3―3で引き分け。西武先発・斉藤大は5回3安打無失点の好投。メヒアが初回に先制3号2ランを放った。巨人先発のドラフト2位・太田(JR東日本)は5回7安打2失点。

 ソフトバンクは中日戦(ナゴヤ)に3―1。先発・大竹が6回3安打1失点で3勝目を挙げた。松田遼が1回無安打2奪三振無失点で3セーブ目(2勝)。野村が3安打1打点。中日先発・笠原は7回0/3を9安打3失点で1敗目(1勝)。

 阪神はオリックス戦(オセアンBS舞洲)に3―1。先発・岩田が5回7安打無失点で1勝目。陽川が初回に先制の1号2ランを放った。オリックス先発・漆原は6回3安打2失点で2敗目。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月15日のニュース