阪神 6回に猛攻で同点に追いつく

[ 2020年7月15日 20:57 ]

セ・リーグ   阪神―ヤクルト ( 2020年7月15日    甲子園 )

<神・ヤ>6回無死一、二塁、中前適時打を放つ梅野 (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 阪神が3点を追う6回に猛反撃に出た。先頭のボーアが中前打を放ち、続くサンズが四球。無死一、二塁の好機で梅野が甘いチェンジアップを中前に運び、1点を返した。打線はつながり、1死満塁にチャンスが拡大すると、近本が押し出し四球を選び1点差に。なおも1死満塁から主将の糸原が右犠飛を放ち、同点に追いついた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月15日のニュース