阪神・ガルシア 怠慢走塁からのセーフティバント出塁、死んだふり作戦成功!?

[ 2020年7月15日 19:42 ]

セ・リーグ   阪神―ヤクルト ( 2020年7月15日    甲子園 )

<神・ヤ>5回無死、バントをしたガルシアは1塁まで激走する (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 阪神先発のガルシアが攻撃で“存在感”を示した。3回先頭で迎えた打席でヤクルト・イノーアを強襲する当たりを放ったが、ボールが転々とする中、なぜか一塁に走る気配を見せず、思わぬ怠慢走塁でアウトになった。

 しかし、5回の2打席目は凡走がうそのような積極的な姿勢を見せた。1ストライクから三塁線へセーフティバントを試みて、成功。自身今季初のHランプをともし、先頭打者で出塁した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月15日のニュース