大分鶴崎・山下が4安打完封、2年生右腕奮闘「切れがなかったけど、勝てて良かった」

[ 2020年7月15日 15:28 ]

2020大分県高等学校野球大会1回戦   大分鶴崎7―0日田三隈(7回コールド) ( 2020年7月15日    別大興産スタジアム )

<大分鶴崎・日田三隈>完封勝利を収めた大分鶴崎・山下
Photo By スポニチ

 大分鶴崎の2年生エース右腕、山下和磨投手が130キロ台の直球やスライダーを武器に4安打完封勝ち。「直球の切れがなかったり、指のかかりもそんなに良くなかったけど、勝てて良かった」と話した。

 チームは初回に先制。2、3、4回は援護なく無得点。相手の好守備が出るなど嫌な流れだったが、「自分が崩れなければ点はいかない」と好投を続けた。 

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月15日のニュース