阪神・馬場 3年目でプロ初ホールド 光る5試合連続無失点“7回の男”に名乗り

[ 2020年7月15日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神6-3ヤクルト ( 2020年7月14日    甲子園 )

<神・ヤ(4)>阪神2番手の馬場(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 勝利の方程式に初めて加わった。3点優勢の7回。守護神・藤川の離脱による苦しい台所事情を、3年目の馬場が救った。最速150キロの速球に、カットボール、スプリットを織り交ぜ1回を3者凡退。完璧な投球で、初ホールドを記録した。

 「初めて勝ちパターンで投げさせていただいた中で、自分らしく強気でバッターに向かっていく姿勢を見せられたと思います」

 自然体で臨んだ。先頭の山崎を遊ゴロに打ち取ると、雄平を三ゴロ。最後は西田を内角ぎりぎりのカットボールで見逃し三振に封じた。これで登板5試合連続の無失点で被安打はわずか1。抜てきした矢野監督からも「本当にバッターに向かっていくピッチングしてくれましたし。ゼロで、しかもいい形で勝ちパターンに入っていけたのは今後に向けても本当に大きな戦力になってくれた。大きいです」と称えられた。

 17年のドラフト1位右腕。大卒の即戦力として期待されながら、過去2年間で1軍登板はわずか4試合に終わった。6月の2軍練習試合再開後は先発として調整。本来なら1日の広島戦に先発予定だったが、救援陣の不調を受け6月30日に1軍へ緊急招集された。「1軍で投げる準備を常にしていくってことが今年は大切だと思っている。本当にいつでもいけるような状態に」。目の前の役割にとらわれず、最大限の準備を続けたことが好投につながっている。

 「自分の中では次の登板につながる投球になりましたし、自信になりました」。苦しんだ経験をムダにはしない。その行く先には光が差し込みつつある。 (阪井 日向)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月15日のニュース