未来のリモート観戦!? ロボット観戦実用化へ、札幌D試合前に実証実験

[ 2020年7月15日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム2-5ロッテ ( 2020年7月14日    札幌D )

<日・ロ(1)>三塁側カメラマン席で応援するロボット(撮影・高橋 茂夫)
Photo By スポニチ

 14日の日本ハム―ロッテ戦前にロボット観戦の実用化に向けた実証実験が行われた。

 電通が「ファイターズスポーツ&エンターテイメント」と共同で21年春の実用化を目指しているのがロボットを活用したリモート観戦席「Future Box Seat β」。利用者は遠隔操作で拍手を送れたり頭についたカメラを自由に360度動かすことが可能。1台につき最大1000人が利用可で、電通の小布施典孝氏は「盛り上がりと一体化したいという思いを可能にしたい」と語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月15日のニュース