エンゼルス左腕、コロナ感染していた「体が痛く寒けや熱もあった」

[ 2020年7月15日 02:30 ]

 エンゼルス・大谷の同僚である左腕のサンドバルが6月下旬に新型コロナウイルスに感染していたことを公表し「最初の3日間は体が痛く寒けや熱もあった」と振り返った。前日12日にブルペンで投球練習を行うなど順調に回復している。

 昨季にメジャーデビューし、10試合で0勝4敗、防御率5.03を記録した23歳は今季、先発の一角を目指している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月15日のニュース