大分上野丘2年生左腕・上坂が3安打完封「この1勝を絶対つかみ取りたいと」

[ 2020年7月15日 13:13 ]

大分県高等学校野球大会1回戦   大分上野丘8―0由布 ( 2020年7月15日    大分県別大興産スタジアム )

<大分上野丘・由布>先発した大分上野丘の上坂
Photo By スポニチ

 進学校、大分上野丘の2年生左腕、上坂一粋(いっすい)投手が9奪三振を奪って、3安打完封勝利だ。

 身長1メートル60の小兵左腕はリズム良く投げ込んで相手打線を牛耳った。「この1勝を絶対つかみ取りたいと思って投げた」と胸を張った。初回2死一、三塁のピンチを防ぐと、2回以降は1安打投球。「途中からリズム良く投げられた」と振り返った。次戦は大分工と対戦する。

 ◆上坂 一粋(うえさか・いっすい)2003年(平15)7月25日、大分県別府市生まれの16歳。小学3年時に山の手スポーツ少年団で野球を始める。中学時代は大分東リトルシニアに在籍。1メートル60、58キロ。「一粋」の由来は「一本筋の通った粋のいい人になってほしい」という思いが込められている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月15日のニュース