中日 651日ぶり単独最下位 A・マルティネスの来日1号も空砲

[ 2020年7月15日 05:30 ]

セ・リーグ   中日3-5DeNA ( 2020年7月14日    ナゴヤドーム )

<中・D(4)>4回2死、A・マルティネスは来日初ホームランとなる右越えソロホームランを放つ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 来日初アーチも空砲に終わった。

 1―5の4回2死、中日のA・マルティネスが大貫のスライダーを右翼席へ運ぶソロ。今月1日に支配下登録されたばかりで、22打席目での待望の一発に「甘く入ったスライダーをしっかり捉えることができた。日本での初本塁打はとてもうれしいね」と声を弾ませた。

 3点を追う9回2死二塁でも右前適時打と2安打2打点と気を吐いた。
 
 ただ、先発・山本が4回途中5失点KOされ、チームは3連敗で18年10月2日以来、651日ぶりに単独最下位に転落。与田監督は「本当に辛抱してやるしかない。体調をしっかり整えて、やれることをやっていくしかない。これが悪化しないように、考えていかないといけない」と顔をゆがめた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月15日のニュース