ソフトB・工藤監督が「柳田悠岐のおじさん化」を称賛?

[ 2020年7月15日 16:55 ]

パ・リーグ   ソフトバンク―オリックス ( 2020年7月15日    京セラD )

ソフトバンク・工藤監督
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの工藤監督が柳田の進化について「体付きは少しおじさんになりましたねえ。疲れた、疲れた、と言ってますからねえ」と、明かして周囲を笑わせた。

 7月に入って12試合で45打数20安打と絶好調。前日のオリックス戦も3安打を放って、打率・3544でリーグ首位打者に躍り出た。

 その柳田も今年10月で32歳になる。指揮官は「若いときはがむしゃらというか、一生懸命、常に自分でフルスイングして。でも(今は)練習で自分で工夫できている」と、おじさん化による成長にうなずいた。

 今後は人工芝のプレーによる蓄積疲労も考慮しながら、場合によってはDH起用も視野に入れ、柳田のコンディションを維持していく考えだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月15日のニュース