巨人・菅野「運命を感じながら」また伯父の節目で好投!5回零封で3勝目

[ 2020年7月15日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人7-2広島 ( 2020年7月14日    マツダ )

<広・巨(4)>好投した巨人・菅野(撮影・森沢 裕)
Photo By スポニチ

 また節目で白星を挙げた。巨人・菅野は雨天中止などの影響で中10日の先発で5回4安打無失点。今季開幕戦での球団6000勝に続き、監督通算800勝、900勝でも白星を贈った伯父である原監督の「ミスター超え」となる試合でも勝ち投手となり「そういう運命を感じながら投げられました。携われてうれしい」と喜んだ。

 序盤から多彩な変化球を織り交ぜ、毎回走者を背負いながら要所を締めた。球数が109となり6回以降は中継ぎ陣にバトンを託したが、17年以来の開幕3連勝でチームの連敗を止め「いっぱいいっぱいの部分はありましたけど0点で抑えられた。勝ったのでそれが全て」と振り返った。

 先週は雨で3試合が流れたが「仕切り直しの1週間で、いいスタートが全員で切れた」と晴れやかだった。(田中 健人)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月15日のニュース