楽天・高梨、巨人・高田のトレード成立 同じ背番同士、ともに「53」のまま

[ 2020年7月15日 05:30 ]

トレードが発表された巨人・高田(左)と楽天・高梨
Photo By スポニチ

 楽天の高梨雄平投手(28)と巨人の高田萌生投手(22)のトレードが14日、両球団から発表された。左の中継ぎが手薄な巨人と、先発投手を強化したい楽天の補強ポイントが合致した。

 双方の背番号はこれまでつけていた「53」に決まった。高梨は15日にジャイアンツ球場で練習を行う予定。楽天球団を通じて「箸にも棒にもかからない選手を獲ってもらって、たくさん投げさせてもらった濃い3年半でした。ジャイアンツに行って元気な姿をお見せするのが恩返しになる」とコメントした。16日のイースタン・リーグ西武戦に登板し、早ければ17日のDeNA戦から1軍に合流する。高田は「3年半と短い期間でしたが、巨人ファンの皆さまの声援がいつも励みになっていました。仙台でも野球選手として、全力で頑張ります」とコメントした。

 ◆高梨 雄平(たかなし・ゆうへい)1992年(平4)7月13日生まれ、埼玉県出身の28歳。川越東では3年夏に県大会4強、早大からJX―ENEOSを経て16年ドラフト9位で楽天入団。18年には球団初の70試合に登板し、侍ジャパン入りも経験。1メートル75、81キロ、左投げ左打ち。

 ◆高田 萌生(たかた・ほうせい)1998年(平10)7月4日生まれ、岡山県出身の22歳。創志学園3年時に春夏で甲子園に出場し、16年ドラフト5位で巨人入り。最速154キロを誇り、西武・松坂のマニアを公言する。1メートル78、83キロ、右投げ右打ち。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2020年7月15日のニュース