阪神・近本 江藤に並ぶ新人歴代9位タイの139安打

[ 2019年9月6日 20:07 ]

セ・リーグ   阪神―広島 ( 2019年9月6日    マツダ )

<広・神>初回1死、近本は右翼線に二塁打を放ち、二塁に向かう(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神の近本光司外野手(24)が6日の広島戦で2安打をマーク。新人のシーズン安打数を139へ伸ばし、江藤慎一(中日)の歴代9位に並んだ。

 この日は「2番・中堅」で先発。初回に右翼線へ二塁打を放つと、6回には右前打を放った。

 近本は5日のDeNA戦で球団新人最多記録を更新する137安打へ伸ばした。初回の右前打で16年の高山俊に並び、8回の左中間二塁打で超えた。3試合連続のマルチ安打と好調を持続しており、第4打席以降も期待が膨らむ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月6日のニュース