西武・平井、球団史上5人目の70試合登板「まだまだ試合は続く」

[ 2019年9月6日 05:30 ]

パ・リーグ   西武7―2オリックス ( 2019年9月5日    ほっと神戸 )

8回から登板した平井(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 西武・平井が自身初、球団史上5人目の70試合登板を果たした。4点リードの8回に登板。先頭の吉田正にソロを浴び、その後も2死満塁のピンチを招いたが、松井雅を中飛で最少失点にとどめた。

 「制球できない球種があった。修正して準備するだけ」と話し、記録についても「まだまだ試合は続くので、達成感はない。チームのために投げたい」と気を引き締めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月6日のニュース