旭川大高、夏春連続甲子園へ初戦突破 3番・富田「自分が返さないとと」

[ 2019年9月6日 11:37 ]

第72回秋季北海道高校野球大会旭川支部予選Bブロック1回戦   旭川大高4―1富良野 ( 2019年9月6日    旭川スタルヒン )

<旭川大高・富良野>夏春連続甲子園に向けて初戦突破した旭川大高ナイン
Photo By スポニチ

 北北海道代表で今夏甲子園に出場した旭川大高が富良野に4―1で逆転勝ちし、夏春連続甲子園に向けて初戦を突破した。

 初回に本塁打で1点を先制されたが、3回2死三塁で富田翔太(1年)の左中間超え三塁打で同点とし、6回に失策を皮切りに勝ち越した。兄・康太が今夏甲子園メンバーの富田は「(3番打者の)自分が返さないといけないと思った」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月6日のニュース