U18侍・永田監督、わずか3安打に笑顔なし 宿敵・韓国戦は「死に物狂いで戦う」

[ 2019年9月6日 05:30 ]

第29回WBSC U18W杯 スーパーラウンド第1戦   日本5―1カナダ ( 2019年9月5日    韓国・機張 ドリームボールパーク )

<日本・カナダ>試合後、選手たちに喝を入れる永田監督(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 貴重な初戦勝利にも永田監督に笑顔はなかった。打線は11個の四死球をもらい、6、8回以外は得点圏に走者を進めたが、わずか3安打と決定打不足。

 試合後にグラウンドでミーティングを行い「細かいところをやっていかないと。目に見えないところもたくさんあった」とミス撲滅を今後の課題に挙げた。6日の韓国戦に向け「去年のアジア大会で負けている。死に物狂いで戦いたい」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月6日のニュース