広島4カードぶり勝ち越し 西川&菊池が鮮やか連弾 DeNAと3差再接近

[ 2019年9月6日 05:30 ]

セ・リーグ   広島8―1ヤクルト ( 2019年9月5日    神宮 )

5回2死、菊池涼は勝ち越しソロを放ちハイタッチでホームイン(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 広島は5日のヤクルト戦で、14安打8得点の猛攻を仕掛けて4カードぶりの勝ち越しを決めた。5回に西川龍馬内野手(24)が同点の15号ソロ、菊池涼介内野手(29)の12号ソロは2者連続となる決勝弾となった。ヤクルトには4年連続のシーズン勝ち越し。2位・DeNAと3ゲーム差に再接近した。

 赤ヘルは「1・2番」で勝負を決められる。無得点で迎えた5回だった。2死無走者から、西川はカウント2―1からの真ん中付近に抜けた山田大のスライダーを仕留めた。大きな放物線を描いた右翼ポール際への15号ソロで同点に追いつき、「完璧と言えば完璧。外の直球を頭に入れながらスライダーが抜けてくれば…と思っていた」。菊池涼が流れを加速させる。2ストライクからの外角のチェンジアップを右翼席最前列に着弾させた。今季4度目の「1・2番」のアベック弾が決勝弾。「龍馬に続くことができてよかった。いい風に乗ってくれた」とうなずいた。

 自己最多だった昨季の6本塁打の倍以上とする15本目を放った西川は、「多少は振れているし、いい角度でバットを出せている」と量産体制を自己分析する。打撃開花した西川の早出特打が始まると、打撃ゲージの近くに小園が顔を出すようになった。打撃投手の隣に移動して正面から観察することもある。「西川のタイミングの取り方を参考にしたらどう?」。東出打撃コーチが新人の見本に指名したのが西川だった。

 一度、投手側に体重を移してから反動を利用するようにしてタイミングを取る。「動から動」と説明する独特のリズム。小園も「体が大きいわけではないのにあの飛距離を出せるのは凄い」と驚く打撃技術で右翼席中段にまで放り込んで、ベンチから見守った新人の手本となった。

 緒方監督は「西川の1本で空気を変えてくれて、キクも右方向にうまい打撃をしてくれた」と1、2番を称えた。14安打8得点の猛攻で4カードぶりに勝ち越し、2位・DeNAとは3ゲーム差に再接近した。6日からは、2・5差の4位・阪神との3連戦。ここで地力の差を見せつければ、下位からの猛追におびえる必要もなくなる。 (河合 洋介)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月6日のニュース