恐るべし、つば九郎…サッカー界レジェンドにも人脈広げる「もとにほんだいひょうだよ~。」

[ 2019年9月6日 14:49 ]

ヤクルトのマスコット、つば九郎
Photo By スポニチ

 ヤクルトの球団マスコット「つば九郎」が6日、自身のブログを更新。元サッカー日本代表で、現在はJ1のC大阪で社長を務める森島寛晃氏(47)と新たに“おとももち”となったことを報告した。

 「もとにほんだいひょうだよ~。」のタイトルでエントリーし「せんじつ、とあるひとと、おとももちになりました~ぱちり」と足元だけの写真を掲載。続けて「ひんとは~『みすたーせれっそ』」とあっさり正体を明かすと「むりやり、つばくろうTしゃつを、きせてみました~!」とつば九郎Tシャツを着こんで照れ笑いを浮かべる森島社長の写真をアップした。

 「かもしゅう、おかちゃん、とるしえのもと、にほんだいひょうにえらばれ、わーるどかっぷで、ごーるをきめたおとこです」と日本代表選手として98年フランス大会、02年日韓大会と2度のワールドカップ(W杯)出場を誇る日本サッカー界のレジェンドの1人、森島社長を紹介した、つば九郎。「もりし~またこんど、ぱとろーるしましょう~」と愛称の「モリシ」呼びをして、すっかり仲良くなったことをうかがわせていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月6日のニュース