奥川18K快投 日米スカウトが絶賛「三振を取るコツ知っている」

[ 2019年9月6日 05:30 ]

第29回WBSC U18W杯 スーパーラウンド第1戦   日本5―1カナダ ( 2019年9月5日    韓国・機張 ドリームボールパーク )

<日本・カナダ>バックネット裏から日米のスカウトたちの熱い視線が…(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 奥川の快投に日米スカウト陣から称賛の声が飛んだ。

 マーリンズのジャレル・リーチ環太平洋コーディネーターは「直球が良く緩急がつくれる。コントロールも良いね」。あるア・リーグ球団のスカウトは「球の伸びが良い。コントロールとスライダーも良い」とうなり、別のスカウトも「とても良い。将来的にメジャーに行く可能性はある」と話した。

 巨人・長谷川国利スカウト部長は「同じ球種でも腕の振りを緩めたり振ったりして、三振を取るコツを知っている。(菅野)智之タイプ」と評価。

 西武・渡辺久信GMが「久しぶりの登板で1イニングで感覚をつかめる。プロでもすぐに使える技術」と言えば、DeNA・吉田孝司スカウト部長も「本塁打を打たれて配球を変えた。今日みたいな投球ならプロでもなかなか打てない」と声をそろえた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月6日のニュース